Search Posts

ガラス修理を業者に依頼するとどれくらいの費用が掛かるか

ガラス修理は窓やサッシ戸の構造を知っていると、自分でも比較的簡単に行うことができるのですが、ガラスを購入してきて運搬する際に破損させてしまったり、作業中にヒビや割れを作って無駄にしてしまう可能性があります。一般的な透明ガラスは厚さが3mmほどしかないためで、とても繊細であり何度も買いなおすくらいなら専門業者に依頼したほうがスムーズです。業者も様々で、ガラスを専門的に取り扱っているところや、リフォームの業者などに依頼することが可能です。施工にかかる費用としてガラス代と工事費だけでは済まない場合が多く、後で金銭トラブルにならないよう、費用について知っておくことが大切です。平均的な目安の金額を知ることで、高い業者に依頼してしまうことを避けられます。

明確な料金を提示している業者に依頼する

ガラス修理を依頼するとき、ネットを検索して上位表示になるサイトを参考に決める人が増えています。1万円以下の価格で対応できると表示しているところも少なくありません。でもよくあるトラブルが、実際に施工してもらったら高額になってしまったという問題です。サイトに表示されている金額が、ガラス代と施工費、出張料などが全部含まれている価格ではない可能性があって、通常は破損したガラスの処分費も発生します。交換は何千円から可能ですという簡易的な表示しかしていないところは注意が必要です。混み合っていたり、施工前には必ず見積もりを提出する業者に依頼することでトータル価格が明瞭になって、トラブルを防ぐことにつながります。見積金額から一切増額がないことも、依頼するときには合わせて確認すべきです。

一般的なガラス交換にかかる費用の目安

ガラス修理で通常のサイズの窓ガラスを1枚交換する際、平均的な相場は13,000円程度になります。ノーマルな透明ガラスで、出張する距離もそれほど遠くない場合です。ガラス代と施工費、出張料に破損ガラスの処分費も混ぜた金額です。地域によって価格差がありますから、心配な場合には複数社から見積もりを取った方が良いです。特殊ガラスになると20,000円以上になりますし、窓が一般的なサイズでない場合も高くなります。天窓など、足場を組まないと交換が難しい場所であればそれだけ費用もプラスになりますから、内訳明細がしっかり書かれている見積もりをもらいましょう。頻繁に壊れてしまうようであれば、ガラスの質を変えたほうが将来的に交換費用を抑えることにつながるため、網ガラスや防犯ガラスの導入なども検討してみましょう。防犯ガラスの場合、ふつうの窓サイズでガラス代だけで20,000円から40,000円近くするのが一般的です。